メタボと高血圧

こんばんわ。
本日のフェイスブックにも書いたのですが、年に1度の健診を受けてきました。血液データ等は後日になりますが、血圧・心電図・問診等は問題ないとのことでした。
医師にも看護師にも「何かありましたか?」との第一声。ダイエットしたことを伝えて安心された顔をみると、尋常じゃないことをしたんだなと、少しだけ優越感に浸ります。

さて、メタボ時代の血圧ですが、降圧剤を飲まないと、150/100は当たり前で、降圧剤も体重が120㎏つまり、普通の人の倍なので、1日1錠のものを2回飲んで、ようやく135/90くらいに抑えていました。
その時の自覚症状といえば、正直、何もないのです。怖いくらい。
だから、機械で数値を測る以外、今、高血圧な状態なのか平常な状態なのか、自分ではわからないのです。
それくらい、高血圧だけなら、何も感じないということが、本当に恐ろしいことだったんだと、今さらながら、震えを感じます。

メタボになると、生活に不自由を感じたり、直接的に具合が悪くなれば、もっと皆さん対応するのに、自覚症状がないことが一番の恐怖だということを肝に銘じてください。

逆にダイエットして体重が下がってくると降圧剤の効果で、血圧が下がり過ぎてきます。
そうなると途端にめまいがしたり、たちくらみ、一番ひどいときは人生初のブラックアウトをスーパー銭湯で経験しました。
目の前が真っ暗になっても

「この状態で倒れたら恥ずかしいことになる」

という羞恥心が最後の力を振り絞ってくれて、なんとか、そのまま気を失うことだけは食い止めました。

家に帰って血圧を測ると90/50
次の日にすぐに病院へ行くと、降圧剤を中止して様子を見るよう医師から告げられました。
皆さんも降圧剤を飲みながらのダイエットには十分気を付けてください。

本日のメニュー
昼 ジョナサン ハンバーグと若鶏のランチ,蒸し鶏とアボカドのサラダ,ケイジャンチキン
夜 いきなりステーキ 400g

ではでは

 

 

Share