ダイエットブーム変遷・・・1

こんにちわ。

HMBアルティメイトサプリ

の到着が待ち遠しくて仕方ありません。
というのも、私が45㎏ダイエットに着手したきっかけが、

『探偵ファイル』

という、人気情報サイトの
「ダイエット器具で本当に痩せるのか?」というモニターに応募したことがきっかけですから。
まさか、その応募からスポーツジムを経営するとは夢にも思っていませんでしたけど(笑)

その時の企画は

「シックスパッド」

まがい物みたいなのが送られてきて、とにかく、食事も運動も変えないで、この器具だけで腹筋は割れていくのか!というものでした。

結果は実に微妙なものでした。
1ヶ月で体重が確か110㎏→107㎏、ウエストが3㎝くらい減った記憶があります。すみません。あいまいで。
ただ、企画の結論としては、

「器具だけでは腹筋は割れない」

に至りました。

その後、リバウンド?(何故か器具を止めたら18㎏増)があり、125㎏に達したときに、これはまずいと一念発起して、本格的なダイエットを始めました。

そのダイエットの変遷について、今、まとめていますので。

のちほど
ではでは

0
Share

辛い物(カプサイシン)ダイエット

こんばんわ。
今から、20年くらい前に話題になったカプサイシンダイエット。
辛い物を食べると新陳代謝が良くなり、体重が○○㎏減少!なんて、記事やブログが沢山ありましたが、今、こんなことをいう人はめっきり少なくなりました。

おかしなもので、韓国の人は日本の人より肥満の人が少ない。それは、キムチを食べているからだなんて、本気で信じている人もいっぱいいましたよね。

ただ、カプサイシンが代謝を良くして、褐色脂肪細胞の活動を活発にさせることは事実のようです。

但し、辛い物は
● 油を使うことが多いので、総カロリーが高いものが多い
● 辛いので、ご飯を多く食べてしまう
● 胃腸に優しくないので、体調を崩しやすい
というデメリットがあるので、ダイエットには向いていないというのが、最新の定説です。

本日の夕食です。お店特製の唐辛子スパイスが壺に入っているんですけど、一人で結構使ってしまって、いつも申し訳なく思っています。
この状態から、野菜とお肉にスパイスを混ぜながら食べていきます。友人に言わせると一口も食べられないそうですが、私は、昨日の一風堂さんのからか麺(超特辛)の方が、数倍辛いと思ってます。

本日は、このスパイスに着目ではなくて、ご飯の量を見てほしくてアップしました。
普通、ご飯1膳は150g~180gと言われていますが、私のいつものご飯の量は30g~50gを目安に頂いています。
もう、慣れてしまいました。たまに、昨日のようなことはしてしまいますが、あくまでも、それは非日常で、日常はご飯を全く食べないのではなくて、少なくしています。
このような方法を最近は

「ロカボ」

というようですね。

辛い物でも、このようにご飯をたくさん食べない。料理自体の油の量を変えない=カロリーオーバーにならない工夫をすれば、身体の中の代謝はよくなりますので、ここまでとは言いませんが、多少、七味を多く入れるとかは良いと思います。

ではでは

本日のメニュー
昼 松のや ささみかつ定食
夜 超激辛 焼肉定食

追伸 辛いはずです。一風堂さんのからか麺(超特辛)は、辛さで有名な蒙古タンメン中本さんの北極よりも数倍から20倍辛いと定評のあるものだったらしいのです。完食できない人も多く、最初から超特辛は、お店側もお勧めしないようなので。私的にはもう少し辛くてもよかったのですが。

何気に2㎏増えてます~

0
Share